長茎術には様々な種類のものがあります

長茎術とは、その名前からも分かるように、ペニスを長くする手術のことを指しています。
短くて悩んでいる人や、加齢とともにお腹に脂肪がついて体内に埋もれてしまう場合には、この長茎術を受けることにより、その悩みの改善につながります。
一言で長茎術といっても様々な種類のものがあり、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
一つ目が埋没陰茎長茎手術と呼ばれるものであり、これはペニスを支えている靭帯を引き出して体内に埋まっている陰茎を外に引き出し、ペニスを長くするものです。
特に短小で悩んでいる人や下腹部に脂肪がついて短く小さくなったように感じる人、座ると体内に埋まりこむ人にはピッタリの方法と言えるでしょう。
二つ目が脂肪吸引式長茎手術と呼ばれるもので、これはお腹の脂肪がせり出している人、脂肪の重みでペニスが埋まってしまう人には効果的と言えるでしょう。
最後にリパス注入による陰茎術で、これは吸収されることなく永続的に残るリパスを陰茎全体に注入する方法です。

医師に相談することで痛みを軽減できます

このように陰茎術には様々な種類のものがあることがわかりましたが、どれを選ぶにしても、痛みの心配があるという人も多いことでしょう。
痛みが心配でなかなか長茎術を決心できないという人も多いかもしれませんが、このような場合には、医師に相談することで痛みの悩みを軽減することにもつながります。
クリニックによっては、完全無痛麻酔と呼ばれるものを使える可能性も考えられます。
わずかな痛みを一瞬も感じることなく手術を終えられる方法です。
患部に注射を打つことになりますが、それをさす感覚もわからないほどのものなので、痛みの心配がある人でも安心して利用することができるでしょう。
マスク麻酔を併用することにより、完全に寝ている間に手術を受けることが可能です。
いつ治療が始まったのかもわからず、知らない間に心地の良い眠りについて、目が覚めたら手術が終了しているものです。
麻酔が覚めたら痛みが現れるのではないかと心配になる人も多いですが、強い痛み止めが処方されるので、麻酔が切れる前にこれを服用するようにしましょう。

まとめ

痛みの問題が心配で長茎術を受けるかどうかを悩んでいる人もいるかもしれませんが、まずはその悩みをクリニックの医師に相談することが大切です。
医師に相談することにより、麻酔を刺す痛みさえも感じなくさせる方法を提案してもらうことにも繋がりますあるこの方法により、長茎術を受ける上で一番心配される痛みの不安を完全に取り除くことができるでしょう。
目が覚めた時にはコンプレックスの解消され、男性としての自信も取り戻すことができます。

masterad_premioauraestrada 知っておくべき情報 , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。